「北部は、今後20年間で5~10種の養殖に貢献できる」

「FChにとって、今日は超越的な日です。 私たちは創立 46 周年を祝い、チリ政府の地方分権化の命令に従って、地域のこの日を覚えています。私たちがここトンゴイから引き受ける使命は、サケ産業から学び、固有種を強化することです。 シーバスを「サーモン 2.0」にしたい、とパブロ サモラは言いました。

Fundación Chile の 46 周年を記念する日に、同組織の会長である Pablo Zamora は、トンゴイ水産養殖センター (CAT) があるコキンボ地域を訪れ、国内の水産養殖を多様化し、北部のマクロ経済を再起動するために開発された取り組みの進捗状況を公表しました。食料危機と気候変動にゾーン分けして対処します。

したがって、この機関は、持続可能で包摂的で分散型の開発に向けて前進するために、国へのコミットメントを強化します。

地域社会、公的および私的世界の代表者の参加の機会に、トンゴイで親魚の維持と稚魚の生産を集中させたCorvinaプログラムなど、水産養殖センターで開発されたイニシアチブが発表されました。 、および国内のさまざまな地域で実施されている職人養殖プログラム(APE)への輸出と供給を目的とした軟体動物の稚魚(ホタテとカキ)の生産。

水産養殖センターは 1978 年に最初の施設を開設して以来、トンゴイをチリ北部の水産養殖活動の震源地として位置付け、応用研究と技術革新の開発に貢献してきました。

トンゴイの水産養殖センターは、日本のカキ胚芽の生産技術を生み出しました。この製品は、主にカナダの子会社 Cultimar によって輸出されましたが、地域と海外の両方で小規模水産養殖イニシアチブの開発も可能にしました。 . さらに、Corvinaプログラムを生み出したCorvinaプログラムを生み出したニベに関する研究が始まりました.Corfoの支援を受けて開発されました.Corfoは、在来種を通じて国内の水産養殖を多様化し、生態学的および社会的に持続可能な生産活動を生み出すことを目的としています.

「チリが経済を閉鎖していたとき、この組織は、サケ養殖の場合のように、国の発展を促進するためにデモ産業を作成するリスクを冒しました」と、Fundación Chile の会長は思い出し、少し歴史を作りました.

課題については、「持続可能な水産養殖を行うためには、この活動を軽減できることが必要です。 この養殖センターを強化し、地域と北部の技術移転センターにしたいと考えています。 北部は、今後 20 年間で 5 から 10 種の養殖に貢献できると考えています。 しかし、コルフォが一人ではできないように、私たちも一人ではできません。 私たちはつながりを作り、これを全国的なイニシアチブにする必要があります。

CATの事務局長であるフランコ・セルダ氏は、同センターの技術開発について、「チリで唯一の小規模水産養殖用のイシクラゲの稚魚と複数種の軟体動物の種子の供給者」となったことについて語った。

現在、Corvina の培養技術は検証済みであり、拡張する準備ができています。 今日までに、8.5 トンの水産養殖由来のイシモチ 100% が収穫されました。 RAS (CAT、Tongoy) に対応する 5 トンと洋上肥育 (Iquique) に対応する 3.5 トンは、HORECA NETWORK で配布されます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。