クラブ レオン サブ 18 が日本のユース トーナメントに参加 – エル ソル デ レオン

クラブ レオンはマイナー カテゴリーで国際的な打撃を与え、カルロス マリア モラレスが指揮する 18 歳以下のチームは、HiFA 平和記念国際ユース サッカー トーナメント 2022 広島で日本でプレーするために国を離れます。

この大会は、8月3日から12日まで、U17日本代表、サンフレッチェ広島FC、広島県選抜U18チームの4チームが参加して開催されます。 形式は総当りなので、最も順位の高いチームがチャンピオンとなります。

デジタル版を購読する

Emerald U-18 チームのストラテジストである ‘Tanque’ Morales にとって、このトーナメントは、クラブ レオンが基本チームで行った仕事の良い印象を残す機会を表しています。

私たちはクラブ・レオンを代表するつもりです。若い選手たちに彼らの才能を示してもらい、私たちの若者の質に良い印象を与えてもらいたいと思っています。 また、このイベントから多くを学ぶようにお願いしました。彼らにとって、サッカーだけでなく、文化的にも個人的にも素晴らしい経験になるでしょう。彼らは多くを学ぶと思います。エル・ソル・デ・レオンのカルロス・マリア・モラレスのコメント。

日本大会への期待について、彼は次のように付け加えた。優勝すると言っているわけではありませんが、良いサッカーをするつもりです。日本は大きく成長しました。彼らには非常に優れた若いサッカー選手がいます。選手たちにとって大きな挑戦になるでしょう。 、彼らにとって、別のスタイルのプレーに直面すること、別の国で示すことは重要です。それは彼らの発展の重要なステップになるでしょう」。

議題

ヴェルディブランコのチームは火曜日に国を離れ、水曜日にライジングサンネーションに到着し、適応作業を開始しました. 8月8日開幕 キャットデビュー戦は広島議員18代目

その2日後にはサンフレッチェ広島FCと対戦し、8月11日にU-17の日本代表と対戦する。

このトーナメントは 2007 年から開催されており、Prayer for Peace プログラムの一部です。 1945年に第二次世界大戦を終結させた2つの原子爆弾のうちの1つの爆発によってマークされた都市からの平和のメッセージとして、国際交流と共存を促進する広島国際青少年サッカー大会。

HiFA平和記念2022

装置
ライオンクラブサブ18 メキシコ
日本 U17 ジャップ
ヒロシマU18を選択 ジャップ
サンフレッチェ広島FC ジャップ

プログラミング

8月8日

  • サンフレッチェ広島FC vs 日本U17
  • ヒロシマ サブ 18 vs クラブ レオン サブ 18 を選択

8月10日

  • サンフレッチェ広島FC vs クラブレオン サブ18
  • 広島U18対日本U17を選択

8月11日

  • 日本サブ 17 vs クラブ レオン サブ 18
  • Select 広島U18 vs サンフレッチェ広島FC

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。