スペインの女子サーベルチームが日本に敗れ銅メダルを失う | スポーツ

アラセリ ナバロ、セリア ペレス、ルシア マルティン ポルトゲス、エレナ エルナンデスのスペイン女子サーベル チームは、カイロで開催された世界フェンシング選手権大会で銅メダルに一歩近づき、3 位争いで日本に敗れました (43-45)。

非常に接戦の中で、スペインは第 1 セットを勝ち取り、第 2 セットを失い、第 3 セットでアラセリ・ナバロが福島しほみ (15-13) に勝利してアドバンテージを取り戻した後、日本がアドバンテージを取り戻しました。ルシア・マルティン=ポルトガルが小林香苗(25-22)に6安打2安打。

アラセリとナバロと江村美咲は、個人準決勝で日本人が勝利した後、第 6 ラウンドで再び対戦し、4 対 8 安打でチームを解決し、スコアボードに部分的な 29-30 を配置しました。その後小林が32-35と延長。

ナバロは大崎に 8 安打、彼女から 3 安打を放ち、最終決戦の前にスペインを前線 (40-38) で去ったが、江村美咲はルシア マルティン-ポルトガル (7-3) を破って試合に勝ち、最初のモダリティ メダルを獲得した。あなたの国。

大会の最終日、スペイン人は準々決勝でドイツに勝利 (45-42) してその日を開始しましたが、ハンガリーとの準決勝で落ちた後 (45-31)、タイトルを争うことができませんでした。 )、フランスに対して金、東京 2020 で銀を選択します。

彼らは決勝に進みませんでしたが、スペインは 2007 年以来、世界選手権の準々決勝にチームを持っていなかったため、スペインのフェンサーは歴史的な結果を達成しました。

スペイン代表団は今日大会が終了したカイロから戻り、アラセリ・ナバロが個人サーベルで3日前に獲得したブロンズを手にする。

エジプトの結果は、ワールドカップでスペインのフェンシングが征服した金属の 11 個 (金 2 個、銀 2 個、銅 7 個) をもたらしました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。