(ビデオ) ケイラーはドンナルンマができなかったことを日本で成し遂げた

(CRHoy.com) PSGの日本でのプレシーズンは月曜日に正式に終了した 別の勝利と、ケイラー・ナバスがドンナルマの影にいることが確認されました。

しかし、3 試合すべてで、コスタリカはイタリアと スペイン人セルヒオ・リコは失敗し、ゴールをゼロに残しました。

技術者のクリストフ・ガルティエは、3 人に議事録を与えることにしました。 しかし、ナバスだけがボールをネットの後ろから出す必要なく去りました。

  • 川崎フロンターレ 1-2 パリ・サンジェルマン
  • 浦和レッズ 0-3 パリ・サンジェルマン
  • ガンバ大阪 2 – 6 パリ・サンジェルマン

しかし、ピッチ上での議事録に関しては、 ナバスは 60 点、ドンナルンマは 150 点でした。

最も多くプレーしたのはイタリア人で、 合計2失点で最も多く失点した選手でもあり、 つまり、彼は 75 分ごとにタッチダウンを受け取りました。

  • ケイラー・ナバス 60分
  • ドンナルンマ 150分(2得点)
  • セルヒオ リコ 60 分 (1 ゴール)

ケイラーの代用

浦和レッズとの試合後だったそのガルティエは、ケイラー・ナバスを置き換えるという彼の決定を最終的に確認しました。

シーズンの初めに、私はゴールキーパーに対して非常に明確でした。またはローテーションが欲しい、ナンバー1で働きたい。

彼は私がナンバー2としての彼の役割に何を期待しているかを知っています。 しかし、PSG のようなクラブにとって、非常に優れたゴールキーパーが 2 人いることは非常に重要です。」と非難した。

これから、パリジャンは約 12 時間の長い帰路に着き、トロフィー デ シャンピオンのナントとのシーズン最初の公式戦に備えます。

これは、コスタリカ時間で 7 月 31 日日曜日の午後 12 時に行われます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。