プロのように高音を出す

カラオケは、家族や友人とできる最も楽しいアクティビティの 1 つです。

1971年に井上大輔氏によって設立されました。日本のキーボーディスト兼ドラマーであるこの言葉は、スペイン語で「空のオーケストラ」と訳されます。

このゲームは東の国で非常に人気があるため、彼らは、それを購入した人が8分音符で声域を拡大することを約束するデバイスを作成しました. あなたがしなければならないのは、1日3分間口に入れるだけです.

(参照: コロンビアは携帯電話にくぎ付けに生活している: 調査によると、コロンビアは世界で 6 番目に過度に使用されていることが判明した)

デバイスは歌を改善するためにどのように機能しますか

  • それは「トレーナー」であり、口の「天井」の上部まで軟部組織を持ち上げるように設計されています。 歌うときに「伸びる」組織であり、より高い音を出すことができます.
  • ちょっと変わった形ですが、 デバイスを定期的に使用すると、口の「空」にある軟部組織の形状が変化する可能性があります。
  • このデバイスを毎日一貫して使用すると、 それを使用する人は、不可能と思われる高音を達成することができます. さらに、ユーザーは専用にするだけで済みます このデバイスを口に入れて 1 日 3 分間、 日本人にとってはあまり問題にならないようです。

また読む

  • このデバイスはウォッシャブルであり、日本のプロアイデアの販売ページで見ることができる参照によると、 口の上部で生地を持ち上げることで、より多くの空気が その結果、ユーザーは呼吸をより適切に制御し、プロの歌手が通常行うように歌うことができます。

画像:プロアイデア

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。