ペロシ、アジアツアー最終戦日本に上陸

マドリード、8 月 4 日 (EUROPA PRESS) –

アメリカ合衆国下院議長のナンシー ペロシは木曜日の夜、東京の横田空軍基地に着陸し、物議を醸した 24 時間足らずの台湾訪問の後、彼女のアジア ツアーはこれで終了となります。

外務省によると、ペロシ氏は金曜日に日本の岸田文夫首相と日本の細田博之衆院議長とそれぞれ会談する予定である。

木童通信によると、岸田氏とペロシ氏は二国間関係を深め、「自由で開かれた」インド太平洋の実現など、両国の「共通の課題」について話し合うことが期待されている。

同様に、細田氏との会談に先立って、米国下院議長は衆議院の本会議に出席する予定であり、そこで彼女の日本の下院議長は、志三元首相の逝去に対する哀悼のメッセージを読み上げます.時事通信が報じた。

公式訪問の最中、日本政府は木曜、一連の軍事演習の一環として中国軍が発射した9発の弾道ミサイルのうち5発が波照間島の南西海域に落下したと非難した。日本の排他的経済水域。

その後、東京は北京に外交提案を提出し、ペロシが火曜日の夜に到着した台湾を訪問した後に発表された中国の軍事訓練に懸念を示した.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。