ホンダ フィット、日本家屋最小の車をリノベーション

9月には、ホンダ フィットの最終世代向けのアップデートが発表されます。 これには、見た目の変更だけでなく、新しいバージョンの追加と、ハイブリッド バリアントのパワーの追加も伴います。

最大の変更点はFit e:HEV RS スポーティーなクロス、大型のバンパー スクープ、赤いアクセントの RS バッジ、深めのサイド スカート、大型のホイール、目立つリア スポイラーが装備されています。

(興味があるかもしれません: Dacia Duster は新しい商用バージョンを作成しました)

スポーツキャビン

の中に ホンダ フィット RSの本革ステアリングは赤ステッチ、回生ブレーキとさまざまなライディングモードを制御するパドル。 7 インチのデジタル インストルメント クラスターと 9 インチのインフォテインメント タッチスクリーンはそのままです。

よりパワーアップしたフィットハイブリッド

ホンダ フィット e:HEV には 2 つの電気モーターが搭載されています。 129 馬力と 253 Nm のトルクを発生する 1.5 リッター エンジン。 これらの数字は、従来のバリアントよりも約 30 馬力の増加を表しています。

(読み続けてください: マツダ CX-50 メリディアン、最も冒険的な新しいバージョン)

行う

更新されたホンダ フィットは、今年後半に正式にデビューする予定です。

これ以上のニュースはありません

フィアットが2023年ファストバックの発表を開始

Ford Explorer 2023、その他の写真とその更新の詳細

トヨタ ランドクルーザー プラド マット ブラック エディション、日本限定新バージョン

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。