マツダ、新型6気筒MHEVディーゼルエンジンと今後の予定を発表

そのアーキテクチャーのおかげで、現在の 4 気筒よりも軽量化を実現し、より多くのパワーを持ちながら消費を改善しています。 CX-60では2023年初めに利用可能になる予定です。

誰も否定できない マツダ その開発における大胆さ エンジン. すでに スカイアクティブX ガソリンセグメントで別のソリューションを提起し、現在、 新しいディーゼルブロック、再び、市場で様式化されたものとは完全に異なります。 そして、それをホストする主人公は、最初は、 マツダ CX-60.

マツダの新型エンジン として知られるようになります e-スカイアクティブD. そのアーキテクチャはで設計されています 直六少なくともシリンダー容量に達する 3.3リットル、業界では現在考えられないことです。 コモンレールシステムを介した電子制御の直接噴射が特徴で、ブランドの言葉では「世界で最もクリーンなディーゼルエンジンの1つ」になります。 彼らは、「間もなく施行される排出ガス規制に問題なく適合するだろう」と主張するほど確信を持っています。

マツダ e-スカイアクティブ D

提案された計画 マツダ CX-60 彼が提供するのは 2段階のパワーレベルを備えたe-Skyactiv D それらの牽引力によって区別されます。 アクセスは 200馬力後車軸に直接送信されますが、より強力なものは後車軸に届きます。 254馬力 システムに関連付けられている マツダ i-Activ AWDこれにより、全輪駆動が可能になります。

これのもう一つの重要なポイント マツダの新しいe-Skyactiv Dエンジン 彼が持っているということです 48Vマイルドハイブリッドシステム パートナー( マツダMハイブリッドブースト)。 この技術は、DPCCI (Distribution-Controlled Partially Premixed Compression Ignition) または部分予混合による分配によって制御される圧縮による着火と組み合わせることで、 4.9リットルの消費 (最も強力な場合は 5.3)。 アイデアを得るために、現在の マツダ CX-5 150 馬力の Skyactiv-D エンジンを搭載し、5.6 リットルの公認を受けました。

マツダ e-スカイアクティブ D

ブランドは、このアーキテクチャを選択することは e-Skyactiv Dの直6 「滑らかで静かな乗り心地と心地よいサウンドの完璧なバランス」を提供します。 トルクも大きく、2,500kgのトレーラーでも問題なく運搬できます。

マツダの今後の予定

のスケジュールで マツダ これが予想される 新しい e-Skyactiv D エンジン 利用できる マツダ CX-60 来年1月にヨーロッパ市場向け。 その採用は、日本ブランドが立ち上げたマルチソリューションプラットフォームの作成のおかげで可能になりました。 SUV そして、今後 3 年間でさらに 5 つの新しい電化製品を実現する予定です。

マツダ e-スカイアクティブ D

2025年を見据え、 マツダ 彼らは新しいプラットフォームの準備ができていることを望んでいます 電気自動車 (VE 向け Skyactiv スケーラブル アーキテクチャ)。 その意図は、ブランドが現在代表されているすべての市場セグメントに対して、このタイプのエンジンを搭載したモデルを組み立てることです。

最新の開発は私たちを元に戻します マツダ CX-60さらに別の革新的なガソリンエンジンを搭載 直6エンジン搭載の3リッターガソリンe-Skyactiv Gの立ち上げの発表だけでなく、 新しいマツダ CX-80他の SUV 前のものより大きい。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。