ミャンマー軍事政権、日本のジャーナリストが反対意見を扇動したとして非難

先週ビルマで逮捕された日本人ジャーナリストが木曜日、与党軍に対する反対意見を扇動し、移民法に違反した罪で起訴されたと、ビルマ軍事政権は発表した。

ビデオグラファーの久保田徹氏は土曜日、ラングーンで反軍事デモを取材中に逮捕され、最長で 5 年の懲役刑に直面している。

26 歳のジャーナリストは、多くの政治犯が収容されているラングーンのインセイン刑務所に移送されたと、事情に詳しい情報筋が AFP に語った。

「彼は健康で、大使館の代表者が彼が拘束されていた警察署に彼を訪ねた」と別の情報筋はAFPに語った。

彼は「刑法第 505(a) 条および移民法第 13-1 条に基づいて」起訴された、と評議会は声明で述べた。

第 505 条は、軍隊に対する反対意見を助長するために、ジャーナリストや活動家に対してしばしば使用される大まかな言い回しの法律です。 最高で 3 年の懲役刑が言い渡される可能性があります。

クボタは、同国の経済首都で軍事政権に反対する抗議活動の近くでビルマ人男性 2 人と一緒に逮捕された。

彼の Instagram アカウントによると、彼は 2019 年に、軍による血なまぐさい弾圧を逃れてビルマに定住したイスラム教徒の少数派 (主に仏教徒) であるロヒンギャについてのドキュメンタリーを作成しました。

bur-rma-ah/emp/fr/zm

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。