世界の空の旅の需要は 6 月に前年比で 76% 急増

パンデミック中に多くの健康対策が解除されたことにより、航空輸送に対する世界的な需要が高まっています 6月は前年比76.2%増、まだ危機前の数値には回復していないが、国際航空運送協会(IATA)は本日報告した. 世界の航空会社の大部分を含む組織の最新の月次報告によると、今年の6か月目の航空交通量はパンデミック前の70.8%でした。

IATA事務局長のウィリー・ウォルシュ氏は、「空の旅の需要は依然として強い。国境閉鎖と制限が2年続いた後、人々は自由に旅行できるようになった」と語った。 6 月の改善は、国際トラフィックで特に顕著でした。 世界の需要は 2021 年 6 月と比較して 229.5% 増加しましたパンデミック前のレベルの 65% にとどまっていますが、特にアジア太平洋地域での制限の解除が後押ししています。

この地域では、国際便の需要が前年比で 492% 急増しましたが、ヨーロッパでは 2021 年 6 月と比較して 234.4% 増加中東では 246.5%、北米では 168.9%、ラテンアメリカでは 136.6%、アフリカでは 103.6% です。

国内市場の需要は、主要市場のさまざまな健康状態や経済状況による多くの変動を伴いながら、5.2% とより緩やかに増加しました。 一方 インドでは264.4%、日本では146.4%と大幅に増加し、 米国では 8.7% の減少にとどまりましたが、中国では 45% 減少し、今年も新型コロナウイルスの影響で厳しい移動制限が適用されました。

「規制が解除されるという予測が確認されました 溜まった旅行需要を解放する一方、ウォルシュ氏は、旅行の増加が多くの空港にもたらす課題を認めており、それは短期的には続くと彼は信じています.スロットの使用のために」、欧州連合がまだ回復していないという意味で再び要求した部門別協会のボスを要求しました パンデミック前のこれらのスロットの使用状況。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。