中国がEEZ水域に投下したミサイルに日本が抗議

日本政府は本日、中国の弾道ミサイル5発が経済特区(EEZ)に属する海域に落下したと主張した。

日本の防衛省は、ミサイルが群島の EEZ に接触したと発表した。 そのため、日本の当局は抗議を北京に移した。

中国は今週木曜日、台湾周辺(日本列島の南西端から 160 キロメートル)で実弾演習を開始した。

日本は、現地時間午後 3 時から午後 4 時 (GMT 午前 6 時から午前 7 時) の間に、中国の弾道ミサイル 9 発の発射を検出しました。 日本の岸信夫防衛相がメディアへの声明で説明したように、これらのうち 5 つは EEZ に移動した。

「これは私たちの領土と私たちの人々の安全に影響を与える非常に深刻な事件です」と岸は言った. 彼はまた、中国軍の弾道ミサイルが経済特区の海域に到達したのはこれが初めてだと述べた。

日本で抗議

日本政府は、台湾海峡での中国の軍事演習の一環として行われた発射を受けて、中国の幹部に外交的抗議を出した。 これにより、北京がその領土の一部であると見なした島周辺の6つの地域で、海と空の空間が閉鎖されました。

ミサイルは、日本の南西端にある沖縄諸島の一部である波照間島の近くの海域に到達しました。

この事件は近隣諸国間の緊張を高めます。 ここ数カ月、東京は尖閣諸島周辺での中国海軍の軍事活動の増加を非難している。 これらは日本が管理しているが、北京(釣魚島と呼んでいる)と群島の他の地域が領有権を主張している。

中国の発砲は、米国下院議長のナンシー・ペロシによる前夜の訪問に対応して行われました。 ECE

また、他のニュースで:

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。