中国/日本-日本は中国のミサイル5発が排他的経済水域に落下したことを非難

マドリード、8 月 4 日 (EUROPA PRESS) –

日本政府は木曜日、中国軍が一連の軍事演習の一環として発射した9発の弾道ミサイルのうち5発が、日本の排他的経済水域内の沖縄県波照間島の南西海域に落下したと非難した。

共同通信によると、飛翔体は中国が指定した訓練区域に落ちたが、海洋資源の探査と利用のために日本が確保した範囲内にある。

日本の岸信夫防衛相は、「これはわが国の国家安全保障と国民の安全に関わる深刻な問題だ」と述べ、中国の発射は「極めて強制的な」措置であると述べた。

その後、東京は北京に外交提案を行い、ナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問後に発表した中国の軍事訓練に懸念を示した。

ペロシ氏は火曜日の夜に台湾に到着し、24時間もかからなかったが、論争を巻き起こし、中国政府から激しい批判を受けた.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。