大谷翔平は「メイド・イン・ジャパン」であり、アメリカの適応である

大谷翔平は他の選手がやったことがないことをやっていて、それは藤沢文宏のような日本人が誇りに思っている.

藤沢はアメリカ野球研究協会の会長であり、日本ではSABR(アメリカ野球研究協会)に似ています。 それで数字がわかります。 しかし、彼は体格がサッカーのタイトエンドに似ている大谷を認識するのに苦労しています。

「この5年間で、彼の体は大きくなり、強くなりました。 彼が日本人ではなく、アメリカ人になったことが分かります」と藤沢氏は語った。

物理的な変化、成熟、文化的適応がありました。 しかし間違いなく、オータニは100%「メイド・イン・ジャパン」であり、日本の田舎に深く根ざしています。

日本で野球に関するベストセラーの本を書いたアメリカ人のロバート・ホワイティングは、オオタニはこのスポーツにおける150年の進化の結果であると考えています。 1872 年に東京のアメリカ人教授が、日本語で「野球」または「フィールド ボール」として知られるこのスポーツを紹介しました。

大谷は、1995年にドジャースに入団した野茂英雄投手や、3,000本以上の安打を記録し、2025年にクーパーズタウンに入る可能性が高い鈴木一郎のような他の成功した選手の後に来ました.

しかし、常にしかしがありました。 野茂が優れていたとき、彼はただの投手であると軽視された. 日本人はシュートを打つことができた – 彼らは技術的に熟達していた – しかし、彼らは野手として成功することができなかった. そこへイチローがやってきた。 彼は攻撃することができましたが、力ではできませんでした。

今度は大谷さんの番です。 彼は投げ、パンチを持ち、2 人ではなく 1 人のプレーヤーです。 アスタリスクや脚注は必要ありません。

「大谷は自分のチームでアメリカ人、またはラテンアメリカ人を打ち負かすことができます」とホワイティングはAP通信に語った. 「それは彼らのほとんどよりも大きいです。 彼は誰よりも強く、5 日ごとに投球し、毎日 1 打席に立っています。 大谷が野球史上最高の野球選手であると言えるのは、昨年と今年の彼の功績だけだ。 彼はトップ10の打者と投手として毎年MVPに値すると主張することができます。」

アストロズとアメリカン リーグ オールスター チームのマネージャーであるダスティ ベイカーからの議論はありません。 彼は火曜日の夜の試合で大谷を指名打者として迎える.

「彼は単なるスター選手ではなく、スーパースターだ」とベイカーは語った。

ホワイティングは、スポーツというレンズを通して日本文化を見つめるベストセラー『You Gotta Have Wa』の著者です。 2019年に引退するまで日本で最も有名な選手だったイチローのキャリアをたどる別の本「野球の侍道」は、「イチローの意味」と題されていました。

大谷は、日本の北東部にある岩手県の田舎にある花巻東高校で、日本の厳格な野球システムの中で育ちました。 ブルージェイズの菊池雄星投手も同じ高校に通っていた。

10 代の頃、オオタニは自分の目標を詳述した 81 ボックスの開発チャートを作成しました。 大谷の取締役会と同様に、段階的なプロセスは日本ではよく知られています。 野球の改善点だけでなく、精神的および個人的な側面も挙げています。

彼は、とりわけ、本を読む必要性を改善し、部屋を掃除し、スライダーを改善し、時速 100 マイル以上の速球を手に入れ、信頼できるようにならなければならないと述べています。

「オータニは、野球チームに参加して一年中プレーする日本の格闘技に触発されたシステムで育った。アメリカのように季節限定ではない. .

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。