女性の中絶について男性が最終決定権を持つ日本 | 会社

被告人は愛知県で看護を学んでいた21歳。 彼女が妊娠していることがわかったときに彼女が行った診療所は、親の書面による同意なしに中絶を行うことはできないと彼女に言いました. かつての同級生だった彼と連絡が取れなくなり、この役職に就くことができなかった。 彼女は公衆トイレで出産することになった。 彼は意識を失い、意識を取り戻したとき、赤ちゃんは死んでいたことを保証します。 慌てて、彼は小さな体をいくつかの茂みの下に捨てました。 彼女は4日後に逮捕されました。 公判では、2021 年 5 月に、彼女は身体の世話を怠り、遺棄したとして、懲役 3 年の執行猶予付きの判決を受けました。

日本は、レイプを含む特定の場合、または妊娠または出産が生理学的または経済的理由により特に困難であると予想される場合、妊娠中絶を認めています。 しかし、1948 年の妊産婦健康法では、女性が中絶を行うには夫の許可が必要です。 サウジアラビア、インドネシア、マラウイなど、世界のほんの一握りの国だけが要求する要件。 世界保健機関およびその他の国際グループは、この慣行を中止することを推奨しています。

理論的には、法律はこの要件を未婚または離婚した女性に適用していないと保健省は2012年に繰り返した。 女性が父親の署名を模倣するなどして承認を偽造した場合、彼女は 1 年の懲役を宣告される可能性があります。

女性が中絶薬に頼る場合でも、承認が必要になる可能性があります。これは、これまで違法でしたが、政府が承認する予定です。 橋本康弘児童家庭政策局長は5月の委員会で、「原則として、経口薬による中絶の場合でも配偶者の許可が必要だと考えている」と述べた。 「ピルを飲むのに配偶者に許可を求めなければならないなんてグロテスクだ」と同じ聴衆の中で社民党の党首が答えた. 「日本はまだ中世に生きているのか?

「女性の権利よりも男性の気持ちが大事」

「男性の気持ちは、女性の権利、健康、幸福よりも重要です」と、女性の生殖に関する権利を訴えるキャンペーン「Safe Abortion Project Japan」の梶谷風音は言います。 日本の法律を変えるためのオンライン請願. 男性の同意の必要性を取り除くために。 これまでのところ、スペイン語を含む複数の言語での彼のアピールは、50,000 を超える署名を集めています。

Change.org で、女性から身体の自律性を奪い、望まない妊娠や出産を強制する法律を日本に撤廃するよう要求する請願書。ジェム・ガルシア

“[Las mujeres] 彼らは自分が何を望んでいるのかを知っています。 彼らには、自分の体をどうするかを決める権利があります。 この権利を否定することは、国家による性的虐待に等しい」とカジヤさん(25)は電話で語った。 「日本は女性を保護するのではなく、公共の利益と未来として女性の体を守ろうとしている インキュベーター。 私たちは母親または将来の母親のように扱われます。 私たちは誰の許可も得ずに避妊や中絶にアクセスできる人権を望んでいますが、日本は私たちの体を国有財産のように扱っています。

彼女のキャンペーンは、多くの女性の目を開いたと彼女は言います。 「日本では中絶が合法であることは知っていますが、多くの人は、夫に許可を求める必要があるとは想像していませんでした。 彼らが私の要請でそれを知ったとき、彼らの顎は落ちました。」

法律が今のところ変更されていない理由の 1 つは、日本の国会である国会における女性の数が少ないことであると活動家は考えています。 「政治に携わる女性はほとんどいません。 物事が変化した場合 – 「私はこのファイルについて数人の議員と協力しており、政党は前回の選挙で法改正を彼らの綱領に載せました」と彼はコメントします-それらはゆっくりと進化することを彼は認めます. .

「私たちは、女性が自分の体でできること、できないことを男性が決めることができるとは考えていません。 そして、彼らが結婚しているかどうかは関係ありません。 この法律により、一部の病院や診療所が元夫、性的捕食者または虐待した男性からの許可を示すように求めたため、一部の女性は望まない妊娠を追求することを余儀なくされました. 彼らはこの許可を求めることができました」と活動家は説明します。 このような場合、要件は被害者を再び傷つける可能性があります。

虐待の被害者

彼に対する世間の関心の高まりに対応して、2019 年に保健省は、レイプの場合に男性の許可を求める必要はないことを思い出させる通達を登録医師に発行しました。 しかし、恥ずかしさから、被害に遭ったことを警察に報告する女性はほとんどいません。2019 年の司法省の白書によると、 性的虐待の被害者のうち、警察に通報したのはわずか 14% でした。 過去5年間。

梶谷によれば、通常、男性の許可を得ていないために望まない妊娠を追求する女性は、「貧しく、または非常に若く、どこに行き、誰と話せばよいかわからず、結果的に出産することになる」とのことです。公衆トイレ”。 .」と、愛知県出身の学生の事例を引き合いに出して強調する。

公式データによると、2019 年 3 月までの 12 か月で、20 歳未満の女性 13,588 人を含む約 160,000 人が施術を受けました。 2020年の妊娠中絶の数は約14万件でした。

中絶の権利を自由に行使することを妨げるのは、配偶者の許可だけではない、と梶谷は非難する。 妊娠中絶ピルは、使用を許可する計画はあるものの、同国では依然として違法である. それまでは掻爬術が主に使用されていましたが、これは実践できるようになるまでに時間がかかり、合併症のリスクがあり、身体的および精神的に女性にとってより大きな苦痛を伴います。

また、健康保険適用外のため、自己負担となります。 誰もが買えるわけではないもの。 第 1 四半期の手数料は 10 万円 (740 ユーロ) を超えています。 手術を行う準備ができている診療所がほとんどない 12 週目以降は、価格が 2 倍になります。

中絶の権利を制限することは、日本だけに限ったことではないと梶谷氏は思い出し、米国などの国でこのために開発されたイニシアチブに言及します。 「男性は自分の利益のために女性をコントロールしようとし、それを改善するために『保護』という言葉を使います。 しかし、それは良くありません。 女性は、自分が何をしたいのか、何が自分に合っているのかを自分で判断する頭脳を持っています。 男がいないと何もできない。 そして社会はそれを理解する必要があります。」

50% オフ

購読して続きを読む

無制限に読む

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。