日本では、ケースなしで、マザーボードの横にモニターが統合された PC が販売されています。 テクノロジー

ケースレス PC は、非常に特定の領域で使用されます。 彼らは通常、遊びや仕事には使用されません。 日本の会社が専門に扱っています。

冷却の観点から、 「内臓が空中にある」PCはあまり効率的ではありません. 強力な PC には、気流を外部から問題のある領域 (CPU、GPU、およびメモリ) に直接向け、そこから外部に向けるために、閉じたケースが必要です。

箱なしの 1 個 空気が循環せずに分散するため、冷却効果が低下します。 ただし、ハードウェアが強力すぎない場合、または高品質のヒートシンクとファンが取り付けられている場合、または液体冷却であれば、それで十分な場合があります。

これらは ケースなしのPC 多くの場合、作業環境で使用されます。 さまざまなコンポーネントがテストされます. グラフィックス カード、メモリ、SSD などを簡単に取り外して挿入でき、ケースを開くためにネジを緩め続ける必要はありません。

長尾工業株式会社 は、1971 年からコンピューター コンポーネントを製造している日本の会社です。

専用のセクションがあります ケースレスPC搭載用シャーシ. これらの金属フレームは、論理的に空中に浮くことができないため、PC のさまざまなコンポーネントを収容します。

最近、ボックスレスシャーシ用のアドオンを導入しました。 N-FRAME-OP01許可する モニターをシャーシ自体に統合する. 中央右に表示されます。

見ることができるように この部分はベースプレートの後ろにねじ込まれていますそして許可します PC自体の内部に画面を統合する. シャーシにはハンドルが付いているので、完全に持ち運び可能です。 ケースのない PC は、ある場所から別の場所への移動には最適ではありませんが…

写真は、静電気の問題を回避するために、下部コンパートメントで電源がどのように保護および分離されているかも示しています。

近くに子供やペットを飼っていない特定のタイプのユーザーが興味を持つ可能性がある、非常に興味深い構成です。 価格は表示されませんが、詳細情報を見つけることができます 彼のウェブページで.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。