日本で初めてサル痘の患者が報告されました

小池百合子東京都知事によると、日本では月曜、海外渡航歴のある30代の男性から初めてサル痘の患者が確認された。

海外旅行、ヨーロッパから帰国した30代男性です。

「これは日本でのサル痘の最初の症例です」とコイコはメディアに語り、感染者は日本の首都で入院していたと付け加えた.

この症例は、日本政府が情報を収集し、医療センターで患者を検査して受け入れる準備をするためのタスクフォース会議を招集した数時間後に報告されました。

土曜日に世界保健機関は、サル痘の発生を世界的な健康上の緊急事態であると宣言しました。

この決定は、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長による記者会見で発表された。この病気の専門家で構成された緊急委員会が、可能性のある宣言を分析するために会合した2日後だった。

「行動への呼びかけ」

この委員会は、6 月に開催された最初の会議 (3,000 の混乱があったとき) で緊急事態を宣言しないことを選択し、その際、テドロスによれば、専門家の間でコンセンサスもありませんでした。 しかし、最高経営責任者は、地球のさまざまな場所で症例数が増加し、増加していることを考慮して、緊急事態を宣言することを決定しました.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。