日本のボランティア消防士の数は、1年で1万人以上減少しました

社会 防災

地域の消防団の重要な柱である消防団員は減少傾向にあります。 現在は約 80 万人で、30 年前より 20% 少なくなっています。 また、地元消防団員の高齢化も目覚ましい。

日本の総務省消防庁によると、2021 年 4 月現在、全国で 804,877 人の消防士がボランティア活動を行っています。 彼らは前年より13,601人少なく、歴史的な最小値です。 1956 年には、180 万人を超えるボランティアの消防士がいました。 この数は年々減少し始め、1990 年には 100 万人未満にまで減少しました。 わずか 30 年間で、さらに 20% 削減されました。

2020 年度には、48,154 人のボランティア消防士がグループを去り、34,553 人だけが参加しました。 東京都、福井県、岐阜県では、新規入国者数が増加傾向を示しました。 しかし、残りの44都道府県では減少しています。 代理店によると、減少の理由の中には、コロナウイルスのパンデミックが消防士グループへの新しいメンバーの募集を妨げていることと、若者がこれらのタスクに参加することにますます関心を示していないことが挙げられます.

一方で、消防団員の高齢化も目立ちます。 近年は40歳以上の方が約6割。 これまで60歳以上の消防団員は珍しかったが、2021年度は7.6%と前年度より0.6ポイント上昇。

若者については、2020年度は12,160名の消防団員が20代になりました。 これは最も収入の多い年齢層ですが、過去 10 年間でその数は半減しています。

全国に約2,200の地域消防団があります。 常勤の消防士が勤務する消防署や消防署とは異なり、これらのグループは別の職業を持つボランティアによって運営されています。 ボランティアは非常勤の市町村特別職員として認定され、動員の場合の支給(2020年4月から災害動員8,000円、通常動員の場合4,000円)のほか、年収(会員平均)30,925円が支給されます。

社会構造の変化は、若者が消防団の仕事に関心を示さなくなった理由の 1 つです。 これらの変化は、地域への帰属意識の低下につながり、さらに、自営業の中でも特に農家として働く人がますます少なくなっているという事実に加えて. また、消防士の負担が大きい、グループ内の上下関係が複雑である、報酬制度に透明性がないなどの問題点も指摘されています。

バナー写真:岐阜県海津市揖斐川の堤防ダムでの模擬洪水。 2019年5月. (Heeji)

防災
消防士

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。