日本の放棄された「ベビーメールボックス」は命を救う物議を醸すアイデア

南西日本の慈恵病院で警報が鳴ると、看護師はらせん階段を降ります 国内で唯一の医療センターの「ベビーメールボックス」から、遺棄された新生児をできるだけ早く回収します。

九州の熊本にあるこのカトリック病院は、 2007 年に作成されたこのシステムは、赤ちゃんを匿名で遺棄することを可能にし、身元を特定せずに出産プログラムなどの他のサービスも提供します。、これも日本ならでは。 これらのイニシアチブは医療センターの批判を集めていますが、最高医療責任者である蓮田毅氏は、それらを重要なセーフティネットと見なしています.

妊娠したときに「何か恐ろしいことをした」という感覚を「恥じ、非常に恐れる」女性がいると彼女は説明する. そんな不安を抱えた若い母親たちにとって、「私たちのような、誰をも拒絶しない場所(…)はとても大切です」。

アラームが鳴ると、看護師は数羽のコウノトリが飾られ、入念に準備された小さなベッドを備えた「赤ちゃんボックス」に 1 分もかからずにたどり着こうとします。 「母親がまだそこにいるなら、彼らの話を私たちと共有することをお勧めします」, 病院職員の田みながさおりさんは言いました。

チームは、母親の声に耳​​を傾け、アドバイスを与えることで、母親の健康を保証しようとします。 そして、子供が後で自分の出自を知ることができるような情報を残すことを奨励します。


誰も頼らない


放棄された赤ちゃんの箱は何世紀にもわたって世界中に出回っており、今日、ドイツ、ベルギー、韓国、米国などで生き残っています。 2000年代初頭にヨーロッパの一部の国に戻ったことは、国連から批判されました。 彼女は、それは「子供が両親によって知られ、育てられる権利に反する」と考えたと.

しかし、慈恵病院は、ベビーメールボックスが日本での児童虐待を防ぐ方法であると信じています。警察は、2020 年に 27 人の子供の遺棄を記録し、2019 年には 57 人の子供が虐待により死亡したと記録しています。 蓮田医師によると、保護されている子どもの中には「売春やレイプ、近親相姦の子孫」もおり、母親には頼れる人がいないという。

慈恵病院では、ベビーメールボックスを許可しており、児童虐待を防ぐ方法だという。 (AFP写真)

2007 年以来、合計 161 人の乳幼児が滋慶学園に預けられ、時には全国からも送られてきました。 しかし、静岡県立大学教授で生殖と養子縁組の問題の専門家である白井千秋氏によると、特に家族の伝統的な概念のために、このシステムは日本で定着するのに依然として困難を抱えています。

この国では、世代を超えて家族の出生、死亡、結婚を含む戸籍制度を採用しています。 行政装置のこの柱は、家族構成に関する意見も形成します。 それは「子供を産んだ人が育てなければならないという考えを日本社会に埋め込んだ」、子供はほとんど親の「所有物」と見なされるほどだと、白井は言います。 「家族がいないことを登録が示している放棄された子供は、強く汚名を着せられます」と彼は付け加えます。


女性たち


システムによって匿名性が提供されているにもかかわらず、児童保護サービスは一般に、滋慶に捨てられた子供の家族を追跡しようとします。 したがって、彼らの約 80% が家族の身元を発見し、20% が両親または親戚を発見しました。

病院はまた、年間数千件の電話を受ける産科ヘルプラインと、介助なしの自宅出産を避けることを目的とした身元不明出産プログラムも提供しています。 これまでのところほとんど使用されていないという事実にもかかわらず (この方法で出産したのは 2 回だけです)、 このシステムも全会一致ではなく、政府は違法であると宣言することなく、それを正規化することを望んでいませんでした.

Chiaki Shirai は、ベビーボックスを使用したり、身元を確認せずに出産したりする女性は、中絶などの他の選択肢を選択しなかったと批判されることが多いと指摘しています。中絶は日本では合法ですが、非常に費用がかかります。 社会は、女性を非難したり、女性に共感したり、女性を助けたりする「動機」を「存在しないか弱い」と非難することを好みます、と蓮田博士は嘆きます.


「私は赤ちゃんのメールボックスのおかげです」


宮津浩一は、日本の「ベビーメールボックス」に捨てられる前に、彼の人生で唯一のアイテムである、マンガのキャラクターが描かれた男の子の服とスニーカーをバックパックから取り出します. 「彼らがそこに私を残したとき、私はこれらの服を着ていました」と18歳は言いました. “これらは子供の頃の思い出です。大切に保管していました。

浩一は今年、赤ちゃんの箱に捨てられた後、公に証言した最初の人になった. 彼の発言は、ドイツの同様のシステムに触発されたこのシステムに関する議論を復活させました。このシステムの擁護者は、養子縁組を望んでいない、または養子縁組に頼ることができないが、子供の放棄を扇動する女性や疎外された親のための最後の手段として提示しました. .

しかし、浩一にとっては論外。 彼が見捨てられた日は、「私の人生の新しい章の始まりでした」と、社会学と政治学を学ぶこの学生は説明します。 「私は赤ちゃんのメールボックスのおかげです」と彼は付け加えます。

その後、家族を見つけることの重要性、重要なステップ。

見捨てられた直後、浩一は熊本の田舎のアパートで吉光と宮津みどりに引き取られました。 5 人の子供の生物学的両親である彼らの家には、30 人以上の子供がいます。 「天使が遣わされたと思った」と吉光さん(65)は振り返る。

夫婦は、里親に預けられた他の子供たちが経験した困難を目の当たりにした後、長い間滋慶のプログラムを支持してきました。 「12月のある寒い日、妊娠後期でお金がほとんどない若い女性が助け​​を求めて私たちのところにやって来ました。必要な子供たちがいることはわかっていました」とみどりさん(63歳)は言う。

慈恵の最初の捨て子の一人である光一は、 彼は自分の名前、年齢、出生地を示すことに異議を唱えていませんでした。

「彼らが私を去ったときの記憶はありません… でも郵便受けのドアのイメージは私の記憶の片隅に刻み込まれていました」と彼は言います。

町長が彼に名前を付け、彼の年齢は DNA 検査によって確定されました。 子供の頃は悪夢を見たので、最初は大変でした。 しかし、夫婦は過去を彼女から隠したことはなく、時間の経過とともにトラウマは薄れました. 数年後、光一は、生後5か月で生みの母親が交通事故で亡くなったことを発見するなど、彼の起源についてさらに学びます。

彼女の写真を保存した 「天国からお世話になっている」と感じているそうです。

浩一は、彼の証言が他の捨てられた子供たちに自分の話をするように促すことを望んでいます. 「複雑な気持ち」を克服したことを覚えています。

「パーツが欠けても、今の自分は変わらない。 私のアイデンティティは、私の人生の早い時期によって決定されるべきではないと思います」と彼は考えています. 「ベビーボックスの後の生活はもっと重要です。」

大崎智宏(AFP).-


このメモにコメントするには、デジタル アクセスが必要です。
購読して意見をお寄せください!

申し込む

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。