日本は福島からの放射性水を海に投棄するためのパイプラインを建設している

東京.-福島原子力発電所から処理された放射性廃水を海に放出するプロジェクトに必要な施設の建設は、地元の漁業コミュニティからの反対にもかかわらず、木曜日に始まりました。

東京電力によると、廃水を高台の貯蔵タンクから沿岸施設に運ぶためのパイプラインの建設が、来年予定されている来年の放流に先立ち、工場の作業員によって開始された。工場。

海底トンネルの掘削も木曜日に開始される予定です。

福島第一原発での作業は、原子力規制当局が先月、東京電力が 12 月に提出した詳細な下水排出計画を正式に承認した後に行われる。

政府は昨年、工場閉鎖の過程で必要な措置として、下水を排出する決定を発表した。

2011 年の地震と津波は、福島第一発電所の冷却システムを破壊し、三重のメルトダウンと大量の放射線の放出を引き起こしました。 損傷した高放射能原子炉 3 基を冷却するために使用された水は、原子炉を含む建屋の地下室に浸透しましたが、集められてタンクに保管されました。

東京電力と政府関係者は、排水基準をはるかに下回るレベルまで水をさらに処理し、環境と健康への影響は無視できると述べています。 処理のために選択された60以上の同位体のうち、トリチウムを除くすべてが安全基準を満たすために分解されると彼らは言う.

地元の漁業コミュニティと近隣諸国は、放射性下水の潜在的な健康リスクと地元の製品に対する評判の低下について懸念を表明し、放出に反対しています.

科学者たちは、少量のトリチウムや他の同位元素への曝露による環境や人々への長期的な影響はまだ不明であり、放出は時期尚早であると述べています.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。