日本は2008年の虐殺の加害者を7か月で2回目の執行で絞首刑にします

日本は火曜日に、この国で近年最も致命的で悪名高い出来事の1つである「秋葉原大虐殺」の作者を処刑した。 7人が死亡し、10人が負傷した 2008 年、忙しい東京の e ビジネスの中心地で。

「秋葉原の殺人犯」としても知られる加藤智宏氏は火曜日、39 歳で、彼が投獄されていた首都の拘置所で、日本の法律に従って絞首刑で処刑された.会議。 、古川義久。



加藤だった 2011年に死刑判決 国に衝撃を与えた事件で、トラックで 3 人をひき殺して 4 人を刺殺した。

古川大臣は、加藤容疑者が「日本社会に大きな影響を与えた」「残忍な」事件で、「万全の準備の末、7人が死亡した」と無差別に告発したと述べ、 「慎重に検討した上で」22日に執行命令に署名した。

14年前にさかのぼるイベント

イベントは 2008 年 6 月 8 日の日曜日に開催されました。 テクノロジー、ビデオゲーム、マンガに特化した大都市の賑やかな地区である秋葉原に加藤は、12時半過ぎにトラックで突っ込んだ。 そのメインストリートに群衆を突っ込んだその日は道路通行止めでした。

5 人を倒し、うち 3 人が死亡した後、加藤はトラックから降りて、12 人の歩行者を刺し、そのうち 4 人が死亡した。

この出来事は日本に衝撃を与えた.日本は2011年まで日曜日に再びこの地域を歩行者天国にすることを禁止しており、世界中のこの国の黒い歴史の中で最も記憶に残る事件の1つである.

加藤氏は 2011 年に死刑判決を受け、2015 年に日本の最高裁判所が弁護人の最終的な控訴を棄却した後、判決は確定した。 囚人は自分の精神的能力を完全に制御できなかったと主張した 重大な精神的ストレスによるイベント時。

イベントの時、加藤は縮小プロセスを進めていた静岡県の自動車部品工場で働いていました。

地元メディアによると、 イベントの3日前、彼は叫びながら工場を後にした、オーバーオールが見つからなくなったために仕事を失うことを恐れています。 翌日、彼はもう仕事をするつもりはありませんでした。

加藤は、モバイルコンテンツ専門のウェブサイトに送信されたいくつかのメッセージを通じて、彼の意図を発表しました。

処刑を待つ106人

本日の執行は 7ヶ月で2番目 昨年 12 月の同時多発テロ事件では、複数の殺人罪で 3 人の被拘禁者が処刑された。 日本での死刑執行は2年ぶり。

現在そこに 日本で死刑判決を受けた受刑者は106人法務省が更新した数字によると。

日本は、アメリカと並んで、未だに死刑を課している唯一の民主的で工業化された国です。アムネスティ インターナショナル (AI) やヒューマン ライツ ウォッチ (HRW) などの組織は、その有効性だけでなく、その方法 (絞首台) や、一般的に被拘禁者が数時間前に警告を受けていることも批判しています。

この意味で、古川は、日本の法的独立性と、政府が調査した世論調査が、大多数の国民が死刑を支持していることを示しているという事実に訴えた。

処刑は「徹底的な調査」の対象であり、この刑罰は「非常に残酷で深刻な場合」に適用されると彼は付け加えた.

政府副報道官の磯崎義人氏は、「非常に凶悪で残忍な犯罪が続いている現在、そのような犯罪者に対する死刑を廃止することは適切ではない」と述べた。

処刑から数時間後に発表された声明では、 アムネスティ・インターナショナルは日本の態度を厳しく批判した 死刑廃止を支持する団体に彼が所属しているにも関わらず、世論を「死刑廃止に賛成する行動を起こさない言い訳として」利用していると非難した。

機関はまた、岸田氏が「人権へのコミットメントに反する」「国際基準を無視している」と非難し、「死刑廃止への第一歩として」死刑執行のモラトリアムを採択するよう国に促した.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。