日本はCovid-19感染の新記録を樹立し、1日あたり約250,000件の新規症例が発生しています

日本は本日、過去 24 時間で 250,000 人近くの新しいコロナウイルスの症例を報告し、7 月初旬から圧力を受けて、医療システムを厳戒態勢に置いた記録的な数に達しました。

感染者数が20万人を超えるのは2日連続。 以前の記録は先週の木曜日に設定され、パンデミックの第 7 波である 233,000 件の陽性者でした。

最も多くの感染が報告されたのは東京で、38,940 人の新たな陽性患者が報告され、続いて大阪府が 24,038 人を記録したと地元通信社の共同通信が報じた。

スプートニク通信によると、合計47都道府県のうち、愛知県と兵庫県はそれぞれ1万7778人と1万1201人の感染を記録しており、パンデミックが始まって以来、24都道府県で過去最高を記録した。

世界保健機関 (WHO) の報告によると、7 月 24 日の週に、日本は 969,000 人以上の陽性症例を記録し、世界で最も多い感染者数を報告しました。

専門家は、Omicron の新しい ВА.5 サブバリアントの拡散が劇的な成長の原因であると考えています。 合計で、島はこれまでにパンデミックで約1,190万人の感染と32,000人以上の死亡を検出しました。

事件の第 7 波は、危機管理の著名人である政府の主要なスポークスマンである松野弘和を含む、岸田文夫首相の多くの補佐官に影響を与えました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。