日本人50代女性の4割が更年期障害を疑う

健康社会

厚生労働省の調査によると、気分がやや高揚する、階段を昇るときに息切れがする、のぼせや急に発汗するなどの更年期症状が疑われるにもかかわらず、多くの女性が病院に行かないことがわかりました。

厚生労働省の更年期の症状に関する調査では、40~49歳の女性の28.3%、50~59歳の女性の38.3%、60~69歳の女性の27.7%が自分自身を自覚していることが明らかになりました。それらに苦しむこと。 一方、保健所に通い「更年期障害」と診断された女性の割合は全世代合わせて1割未満で、40~49歳で3.6%、50~59歳で9.1%、6.9%でした。 % 60 歳で。 -69.

更年期とは、一般的に月経周期の前後約10年間を指し、ホルモンの減少により、のぼせや動悸、イライラなどの一連の問題を引き起こします。 これらの不都合が日常生活に支障をきたす場合を「更年期障害」と呼びます。

更年期の症状が1つでもある女性に、気づいてから医療機関にかかるまでの時間を聞いたところ、3か月以内に受診した割合は、40~49歳層で9.1%、40~49歳層で11.6%でした。 50-59 歳のグループと 60-69 歳のグループの 9.9%。 大多数は、医者にかかったことがないと言っています。 多くの女性が医者に行かずに生きようとしているようです.

男性も40歳以降、男性ホルモンの減少により女性の更年期に似た症状を経験することがありますが、その現象はまだ完全には解明されていません。 医療機関を受診し、「男性更年期障害」と診断された男性は、女性よりもさらに少なく、40~49 歳の男性の 1.5%、50~59 歳の男性の 1.7%、60~69 歳の男性の 0.9% でした。 . 40~49 歳の 8.2%、50~59 歳の 14.3%、60~69 歳の 13.6% だけが、男性更年期障害に苦しむ可能性があると考えています。

調査は全国の20歳から64歳までの男女を対象に実施し、合計5,000人(女性2,975人、男性2,025人)から回答を集めました。

ヘッダー写真:PIXTA。

健康
女性
閉経

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。