日本初のサル痘患者

テストは陽性に戻りました サル痘 海外渡航歴がある東京都の30代男性で、身元は明かされていません。 日本政府は本日、サル痘警報を発令し、国民にサル痘に対するさらなる対策を講じるよう求めました。

海外旅行を予定されている方や現在海外に滞在中の方は特にご注意ください。 世界の多くの地域、特にヨーロッパでその影響を維持しているサル痘は、WHO を引き起こし、75 か国の 16,000 人以上に広がったウイルスによる国際的な公衆衛生上の緊急事態である PHEIC の緊急事態を宣言しました。 密接な身体的接触によって広がる病気の症状は、5日から21日の体内での待機期間の後、かゆみのある水ぶくれと発熱で現れます.

オランダでは、危険にさらされている人々へのサル痘に対するワクチン接種が開始されました。 オランダ公衆衛生環境研究所は、サル痘に対する最初のワクチン接種がハーグとアムステルダムの保健センターで開始されたと述べた。 RIVM は 7 月 21 日、国内で 712 人からウイルスが検出されたと発表した。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。