日本庭園: 「この街を訪れた際に受けた治療をコンコルディアから返してくれることをうれしく思います」 – Tourisme

ブエノスアイレスの大都市の渦中にある日本庭園は、盆栽、橋、ツツジ、苔玉、ラン、提灯、そして金魚でいっぱいの湖で際立っています。

代わりに、何千人もの人々が訪れ、最近の冬季休暇中も例外ではなく、2 週間の最も豊かな時期に 15,000 人以上の訪問者を迎えました。

データはによって確認されました セルジオ宮城彼は日本庭園の制度的コミュニケーションを担当し、日本庭園のコラムニストと対談しています。 ウルグアイ川ログ 彼は、庭園は「120 年以上にわたって存在してきた 2 つの国 (日本とアルゼンチン) の間の友情の遺産である」と回想しています。 「日ごとに固まる友情であり、常に永遠であり、決して死ぬことはない」と強調している.

宇宙そのものに関しては、セルジオは彼が生まれたと言います 1967年当時の皇太子殿下 – 後に日本の天皇となる – が最初にアルゼンチンに来たとき.

「真実は、そのような個性を受け入れる場所がなかったので、そこではすべてが革命的です」、非常に緊急に、「コミュニティはブエノスアイレス市に日本庭園を建設する許可を求め、 それはたった1ヶ月でできた」。 最初は「わずか 1 ヘクタールで生まれ、現在ではほぼ 3 ヘクタールです。 このようにして庭園の範囲が拡大しただけでなく、日本文化に対するアルゼンチン人の感情も拡大しました。」

この意味で、主催者は「1989年以来、特に庭園の世話をするために生まれたアルゼンチン文化財団の責任である」と指摘しました。

財団の活動について、ミヤギ氏は次のように述べています。 この歴史的建造物を保存し、環境に気を配り、日本の文化、技術、料理、スポーツを広めてください。」

この規模の庭園が日本で一般的かどうか尋ねられたとき、会場のマネージャーは、「それらは、通常、前または後ろにある日本の修道院、寺院、およびその他の重要な建造物を補完するものですが、一般的にはありません.アルゼンチンにあるこのような日本庭園」.

ガストロノミー

プロパティの入り口には、ドアでテーブルが利用可能になり、典型的な料理を味わうことができるのを待っている人々の数に直面して、その品質を反映したレストランがあります.

この点に関して宮城氏は、「文化の普及の端の 1 つは料理芸術、ガストロノミーであり、したがって、私たちが生み出す違いは、私たちの供給、最も高品質の原材料、そして寿司のコースは非常に有名です.

提案されている料理のアプローチに関して、彼は次のように述べています。 「私たちは常に日本の味を維持しようとしていますが、味覚については、アルゼンチンの彼らが来て、私たちの美食が何であるかを試すことができるように、彼らがそれを好きになることが私たちにとって基本です.

日本の典型的な料理やデザートも、ダルセ・デ・レチェを一部に取り入れるなど、アルゼンチン風にする可能性があることに注意してください。

拡散とパンデミック

パンデミックはいくつかの分野、特に観光に影響を与えているため、「パンデミックが発生した場合の生活についてのメッセージを広めるという素晴らしい仕事をしました。そのため、ブエノスアイレス州のCABA全体をツアーしました。 100キロ、200キロと、来園者も日本庭園とは何かを知りたがります」と宮城さんは回想する。

しかし、彼は次のように指摘しました。 広大な日本庭園に感動し、日本から直接訪れる観光客も多い。

場所について宮城氏は、「私たちは巨大なパルケ 3 デ フェブレロの中にあり、この素晴らしい公園が何であるかをほんの少し垣間見るだけですが、毎日の仕事を次のように発展させることを非常に誇りに思っています。日本文化を広めることができる」。

財団の一員である人々によって行われる仕事は、「日本庭園を非常にきれいに、非常にきれいにし、訪問者に非常に適したものにすること」です。 普及し、人々は日本文化と間違いなくガストロノミーの活動に参加できます」とセルジオは言いました。 「だからこそ、日本庭園は五感に訴える完全な散歩と言われています」と彼は締めくくった。

宮城さんは「いつも日本庭園に来ているのでお待ちしております。 平和、静けさ、バランス、幸福であなたを養います今日の生活にとって非常に重要な価値です。」

コンコルドを通過

昨年12月、日本庭園財団の代表団が同市を訪れ、連邦首都のこの地域でコンコルディアがその魅力を展示することを可能にする共同プロモーション契約を締結しました。

コンコルディアへの訪問について、セルジオ・ミヤギは、「彼はこの街を知らなかった。私たちがそこに行ったのは、アルド・アルバレス観光局長が私たちを国のさまざまな地域のジャーナリストと一緒に行ったツアーに招待してくれたからです。 「星の王子さまの作者にインスピレーションを与えたこの城 (サン カルロス)」、「さまざまな温泉、公園、そして基本的には人々のもてなし」を特に引用します。 “。

そういう意味で、宮城は「コンコルディア出身者の待遇や素質に感動した」と指摘し、「市にはとても感謝しているので、できる限りコンコルディアを放送して宣伝している」と強調した。 「あなたはまた、私たちをそのように素質と良い扱いで迎えてくれたので、日本人に見えました。」

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。