日本政府は、ウクライナでの戦争の中でロシアと中国の関係が拡大していると警告している

日本の防衛省は、日本政府が軍事費を大幅に増やす計画を発表した年次報告書で、ロシアからの脅威と台湾に対する懸念の高まりに警戒していると警告した.

この文書には、ロシアのウクライナ侵攻に関する章が含まれており、「一方的に状況を変えようとしている」という間違ったメッセージを送る可能性があると彼は警告した。 現状 強制は認められます。 このように、彼は世界の安全保障と日本に対する特定の脅威を評価し、ロシアが「中国との関係をさらに強化し、深める」恐れがあると指摘した.

彼はまた、モスクワが抑止力としての核能力にますます依存する可能性があると警告している. 日本の国は、モスクワに対する米国と欧州連合の制裁を支持し、 そして、その領土周辺でのロシアの軍事活動の増加を見てきました。

5月、東京でクワッド同盟(オーストラリア、日本、インド、米国)が会合した直後、中国とロシアの軍用機が日本付近で共同飛行を行った。 台湾に関して、この文書は島の治安状況を詳細に評価し、「ロシアによるウクライナ侵攻以来、台湾は防衛を強化する努力をしてきた」と記している。

報告書によると、中国は「深刻な安全保障上の懸念」であり、北朝鮮は「深刻かつ差し迫った脅威」を示している。 この文書は今年、日本の軍事予算の大幅な増加が予想される時期に発表されました。

岸田文夫首相は軍事支出の増加を公に支持しており、彼の党はこの部門の財政目標を GDP の 2% に設定している。 日本国憲法は自国の軍隊を正式に認めていない その費用は防御能力に限定されます。

これは、ロシア外務省が、日本の国会の下院である日本の衆議院の合計384人の議員を「ブラックリスト」に載せた後のことであり、昨年4月に東京で採択された同様の状況に対応している.

ロシア外務省が報告したように、これらの日本の国会議員は、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンの命令により、ウクライナへの侵略についてユーラシア国家に対して「根拠のない告発」を平準化する「ロシアに対する敵対的姿勢」をとった。 、2月末。

タス通信によると、ロシア外務省は、現在入国を禁止されている380人以上の議員の名前を詳述した声明を発表した. 最も著名な人物の中には、2008 年から 2009 年にかけて政府の首長を務めた麻生太郎元首相と、2020 年から 2021 年にかけて日本を率いた菅義偉氏がいます。

稲田朋美元防衛相、石破茂元防衛相、中谷元元防衛相らが参加。 あるいは、2001 年から 2006 年まで日本の元総理大臣であった小泉純一郎の息子である福田龍夫ですら。

*AFP および Europa Press からの情報を使用。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。