DRチームがU12ベースボールワールドカップで日本を破った

ドミニカ共和国の U12 野球チームが日本を 5 対 2 で破り、台湾で開催されたこのカテゴリーの世界選手権のスーパー ラウンドでリードを固めました。

ドミニカは、グループ B で 3 勝 1 敗の成績で 2 位となり、グループ首位のアメリカは 4 勝 0 敗で、韓国は 4 試合で .500 でプレーしました。 クレオールズは本日午前 6 時 30 分 (台湾では午後 6 時 30 分) に予定されている試合で、チャイニーズ タイペイと対戦します。

ドミニカ共和国は自分たちの質に疑いの余地はなく、トリプルタイを引き起こし、2 位と 3 位の分類を強制するために必然的に勝利を必要としていたライバルを倒すことで、次のインスタンスの資格を得ました。レース(賛成と反対のレース)。 戦績1勝3敗の日本は敗退。

クレオールの一団は、米国に対して 0-10 の KO で最初の試合に負けました。 それ以来、彼は 3 試合連続で勝利し、長旅から回復し、トーナメント開始の 2 日後に台北に到着し、国内での最後のトレーニングから最初の試合までのほぼ 2 週間、ピッチに入ることができませんでした。台湾で。

各グループ (A と B) の上位 3 チームは、スーパー ラウンドと呼ばれるチャンピオンシップの第 2 ラウンドに参加する資格を得ました。

このパートでは、GB、米国、ドミニカ共和国、韓国の予選通過者が、ブラケット「A」で進出したメキシコ、チャイニーズ・タイペイ (台湾)、ベネズエラと対戦します。 スーパーラウンドでは、準決勝に進出したグループのライバルに対する勝利のみがカウントされます。 この場合、米国は通常の段階でドミニカと韓国を破り、プールの他の予選通過者であるドミニカと韓国を 2 対 0 で破って、このステージを開始します。 ドミニカ共和国が 1 対 1、台北が 0 対 2 で勝ち上がりました。

一般レベルでは、北米チームが第 1 フェーズで 4 試合すべてに勝利し、唯一の無敗チームとして通過し、ドミニカ共和国が 3 対 1 の記録を達成し、韓国が 2 対 2 で 3 位になりました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。