Nissan Kicks e-POWERがタイからメキシコに到着

数か月前、日産の電気自動車における革新的な技術、Nissan e-POWERについてお話ししましたが、 そして、それを使用する日本ブランドの車両の背後にある重要な開発作業は、特に日本で日産ノートなどですでに行われています。 メキシコに関しては、Nissan Kicks e-POWERがこの技術が我が国でデビューする最初のモデルとなり、本日、日本のブランドは小型SUVがタイの日産パワートレイン工場から到着することを確認しました.



サムットプラーカーンにある工場は、新しい日産キックス e-POWER のバッテリーの生産も担当しています。 これは日本国外では初めてであり、年間 580,000 台の車両を組み立てる能力を持ちながら、e-POWER 技術を搭載した日産モデルを生産する世界で 4 つしかないモデルの 1 つです。


日本企業は、e-POWER が国内市場に登場することに賭けています。これは、これまでに見られた電気モーター化に勝る利点があるためです。 ブランドがこの地域で実施している電化計画の基本的な部分を表しています。 性能、デザイン、快適性など、お客様のニーズを見失うことなく。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。