Xponential Fitnessが日本で30のジム向けCycleBarのマスターフランチャイズ契約を締結

世界最大のブティック フィットネス ブランドのフランチャイザーである Xponential Fitness は本日、世界最大のインドア サイクリング会場であるクラブ ピラティス ジャパンと CycleBar の日本におけるマスター フランチャイズ契約を締結したことを発表しました。 この契約により、今後 10 年間で少なくとも 30 の CycleBar スタジオのライセンスを日本で取得できるようになります。

このニュースは、英国とメキシコ向けの新しい Xponential Fitness マスター フランチャイズ サービスの最近の発表に続くものです。 新しいスタジオは、オーストラリアとニュージーランドでのマスター フランチャイズ契約に続き、CycleBar の国際的な存在感を北米以外の 3 か国に拡大します。 日本で最初のCycleBarスタジオは2023年にオープンする予定です.

Club Pilates Master の既存のライセンス パートナーが、Xponential Fitness Group のブランドに CycleBar を追加

株式会社クラブ・ピラティス・ジャパン 代表取締役 起業家 島袋直樹氏 CycleBar と Club Pilates のマスター フランチャイジーとしての役割に加えて、シマブクロは、インターネット メディアおよびフランチャイズ マーケティング エージェンシーである IDEALINK コーポレーションの創設者であり、東京で開催された 2016 インターナショナル フランチャイズ ショーの主催者でもありました。 CycleBar の追加により、Club Pilates は 8 つのスタジオをオープンし、2022 年後半にさらにいくつかのスタジオをオープンする予定の日本市場における Shimabukuro の現在のフットプリントを拡大します。

「日本は世界のトップ 10 のフィットネス市場の 1 つです。私たちは、CycleBar が Naoki のリーダーシップの下で、この国の主要なブティック フィットネス ブランドの 1 つになると確信しています。」 「クラブ ピラティスでの彼の初期の成功は、ブティック フィットネスに対する日本の消費者の関心が高まっていることの証です。」

「今こそ、イマーシブな CycleBar 体験を日本に持ち込む絶好の機会です」と島袋氏は語った。 「日本の顧客は、フィットネスと健康への取り組みにますます関心を寄せており、CycleBar のような運動ルーチンの新しく革新的なオプションを探しています。私たちのチームの目標は、CycleBar と Club Pilates を日本で最も認知され人気のあるブティック フィットネス ブランドにすることです。 “

2020 年、CycleBar はオーストラリア向けのマスター フランチャイズ契約を結びました。これは、ブランドが現在 6 つのオペレーティング スタジオを持つ北米以外での最初の動きです。 この契約は後に、2023 年に最初のスタジオが開設される予定のニュージーランドを含むように拡大されました。CycleBar は、Pure Barre、Club Pilates、StretchLab、Row House、Yoga Six、 AKT。 、ランブル、BFT、STRIDE。

出典:ビジネスワイヤ

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。